バブル頃まで着物はそこそこ売れていました。
着る機会が減ってしまっても、今でも箪笥の奥に着物がねむっている方も多いと思います。
親の荷物を整理していたら着物が出てきたということもありますよね。

いらない着物を売りに出そうとおもったら、気になるのは着物の買取相場。

そこで、着物の買取相場について着物の種類や産地ごとにまとめました。

着物の買取相場はだいたい決まっている

まず先に伝えておかなければいけないのが、だいたい相場が決まっているということです。

1つの目安は、購入した金額の10-20%が相場です。
50万円で仕立てた着物なら、最大で10万円くらいといったところです。

また、呉服屋の本音を先に伝えると100万円単位のような高値で売れる着物はまずありません。
人間国宝やそれに準ずる評価を受けているような作家で、しかもお亡くなりになられている方の作品くらい。

ほとんどは 1着10万円いけばよいほうです。
だいたい20-30万円くらいで購入している人が多いので、平均的には5万円前後といったところ。

着物の買取査定について

どの着物の買取にも共通していることは、着物の保存状態や柄、産地や作家のことです。

だいたいの買取相場はあっても、実際に査定員が実物を見てみないと買取価格は分かりませんので注意ください。

相場は高い着物だけど、状態が悪い場合は安いです。
また、リサイクルショップでは評価されなかった着物でも着物買取の専門店で査定してもらったら有名産地のものと判明し高値が付くこともあります。

着物の種類別買取相場表

着物はだいたい、振袖、訪問着、留袖を購入される方が多いです。
あとは袋帯。

それぞれの買取相場を実際の買取例をまとめました。

着物の種類買取価格目安
振袖~45,000円
訪問着~42,000円
留袖~43,000円
袋帯~12,000円

振袖や留袖は元々の値段が高額なので、売りに出す時も高値が付きやすくなっています。

表にない浴衣、襦袢、付け下げは安いです。
洋服でいうと下着や下着に近い衣類にあたるので、中古品の需要がないです。
もちろん新品なら価格は付くので買い取ってもらえます。

人気産地の着物買取相場

着物は作られている産地によって特色があります。
特に紬は自生する草木で染めることが多く、糸に特徴が出るので産地特有の色合い/柄がでる。

一般的な着物より高値で取引されています。

有名産地買取価格相場
米沢紬~52,000円
塩沢紬~48,000円
牛首紬~69,000円
黄八丈~60,000円
加賀友禅~88,000円
江戸小紋~50,000円

相場と関係がなく高値が付くといわれている着物は主に友禅作家の作品です。
中でも木村雨山、羽田登喜男など人間国宝で、すでに他界されている方の作品。

1着1着が手描きで、同じ柄が2つとない芸術品で、今後作品が増えないためです。
しかしながら、このような作品を保有している人は少ないです。

査定の方法、相場の決まり方

上記の表はあくまでも目安で1着1着の状況によるものが多いです。

買取額が下がらないために、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

  • シミ
  • カビ
  • 劣化

この3つがなければ買取額は高いです。

着物の産地を証明する「証紙」があると高い

証紙は産地の組合が出しているもので、証紙を見るだけで着物の価値が識別できます。

とわいえ、着物は産地に限らず価値がありるので状態がよいものは査定してもらうようにしましょう。

汚れや変色など状態が悪い着物は売れる?

長く保存している着物はシミが目だったり、カビができたり、なんとなく色あせてしまっているものもあります。

買取価格でマイナスになるポイントですが、着物買取の専門店はだいたい自社か関連会社にメンテナンス部門があります。

小さなシミは取れることが多いですし、カビも状態によってはきれいにできます。
色褪せや大きなシミは色を足して柄を変えることもあります。

メンテナンスの確立ができている会社は、値引きが少なく高額査定される傾向なので、一度査定に出すことをおすすめします。
わざわざ自分でクリーニングに出す必要はありません。

買取ショップはどんな着物でもクリーニングをします。

大切なことは信頼できる買取店を選ぶ

着物を売る方法は、ネットオークションの利用やリサイクルショップ、質屋、着物買取専門店があります。

ネットオークションやフリマは自分で価格を設定できるのですが、価格によっては売買が成立せずにいつまでも「売れない」状況になります。
さらに初期価格を安値にしては、相場より低い価格で成立することもあります。
適正な価格で売れない場合が多いです。

リサイクルショップや質屋は、どちらかというと着物が苦手で安い査定額になってしまう傾向があります。

着物を売るなら専門知識を持った着物買取専門店がおすすめです。

査定の依頼も、電話や必要事項を数カ所入力するだけなのでとても簡単です。
着物に価値を正しく計算してくれて安心です。

損をしないようにあらかじめ相場を把握して、信頼できる買取ショップで適正な価格で買い取ってもらいましょう。

着物の状態はとても重要で、タンスにしまっている着物は「今」が一番コンディションが良いです。
時間がたてばどんどん劣化するだけです。

早く売った方が少しでも高く売れる秘訣でもあります。

おすすめの記事