着物をより高く売るにはどういう手段で売るとよいのでしょうか。

親から譲ってもらった着物を持っている人も多いかと思います。
でも、着物はなかなか着る機会もないし、着たら着たでいろいろと注目されてしまいます。

そんな方が多いので、着物の売却を考えている人がほとんどです。

せっかくだから、一番高く買ってくれるサービスを知りたいですよね。
実は、着物を買取ってくれるお店はとても多くあります。

おそらく簡単に判断できないと思うので、ぜひ参考にしてください。

たくさんある着物を売る場所、買い取ってもらうサービス

「なんでも買い取ります」という一般的なリサイクルショップや昔ながらの「質屋」では、着物を高く買い取ることはありません。
着物は専門性が高いので、価値の差がわかりません。

リサイクルショップはゲーム、本、家電などが得意ですし、質屋は時計や宝飾品です。
専門性が違います。

仮に着物専門のお店に、ゲームソフトを持ち込んでも判断してくれないですからね。
「餅は餅屋」ということです。

着物買取専門の店は、1着1着丁寧に鑑定してもらい、適正価格での買い取りをしてくれます。

 着物買取専門性かかる時間値付け手間
リサイクルショップ一部する低い即日低い持ち込み
オークションしないない数日稀に高い全て自分
フリマアプリしないない数日稀に高い全て自分
質屋する低い即日低い持ち込み
着物買取専門する高い即日高い訪問

フリマ、オークションは避けよう

フリマやオークションで自分で値段をつけて好きに売ることができる環境もあります。
魅力は何といっても自分の勝手な値付けで売れることです。

ただし多くの品物には相場があるので、なかなか自分の希望する価格で売れることはありません。

まともに値段が付く商品は有名な産地の新品、または人間国宝(それに準ずる作家)の作品くらい。
着物の価値がよくわからないなら避けたほうが良いです。「損」します。

高値にする方法

今ある着物のコンディションが重要です。

特に着物の状態は重要で、シワ、シミ、カビやイタミが価格に影響します。
小さくても大きな限定になるので、綿密にチェックしておくといいです。

●カビ、シミは最後に記載しています。

まず、干してみよう

着物を広げて、ハンガーに掛けて風通しをします。
長い棒(ツッパリ棒)で、吊るすといいのですが、ない場合は大きめのハンガーでもOKです。

昔は「虫干し」とよばれ、日本は湿気が多いため湿気取りやカビ防止のために行っていました。
湿気のない冬がベストですが、除湿器やサーキュレーターをかけて部屋の中の空気を循環させながら行うとベストです。

直接着物に風を当てる必要はありません。

なかなか場所も時間も無い、という方は衣装箱のふたを開けたりして、新鮮な空気といれ替えを行ってください。

シワを伸ばす

吊るしておくと意外とシワも伸びます。
取れないシワは、裏からあて布をして、低温でアイロンをかけてください。

証紙を探しておく

着物買取で高く売るなら「証紙」があるととても価値が上がります。

証紙は各地の染め物組合や織物の組合などが、類似品防止と品質保持を目的に出しています。
例えば加賀友禅だと、「協同組合 加賀染振興協会」が出していて、加賀友禅作家も加賀染振興協会に登録をしています。

パット見てすぐにわかるので、着物買取で査定員がまず最初にチェックする項目です。

着物を購入した際の箱やタンスに隠れていることもあるのでチェックしておくといいです。

友禅や小紋には落款がある

江戸小紋や加賀友禅などの染め物の着物には作家(染色家)の落款が着物にあります。

場所はだいたい「右前身頃の膝あたり」になります。
着付けた時は、左前身頃が前になるので、落款は隠れて見えることはありません。

干したときに一緒に探してみるといいです。

そのほか、紬などは織物作家、刺繍には刺繍作家の落款があるものもあります。
位置は染め物とかわりません。

保管するなら桐ダンス

干して、再度しまう際の注意点があります。

着物を保管する場合は「桐ダンス」が昔から良いといわれています。
桐ダンスは虫を寄せ付けにくく、さらに湿気を減らす効果があります。

着物の大敵はカビと虫で、着物を守ってくれる箪笥が桐ダンスです。

桐ダンスがない場合は、カビや虫食いで価値が下がる前に売ることをおすすめします。

あと、防虫剤は1種類に絞って使用することが大事です。
何種類も使うと、臭いが混じります。
直接ふれないようにタンスや衣裳箱の四隅に入れてください。

「しょうのう」「樟脳」で探すいいですよ。

注意点はシミとカビ

シミとカビの扱いについて紹介します。

カビがある場合はとても価値が下がります。
とることも難しいので、いったんそのまま査定してもらうのがよいです。

シミもあると、多くの着物は価値が大きく下がります。
サイズや状態によって、シミはとることもできるのですが、職人の技術がいるので高いです。
硬貨サイズでだいたい数千円。

シミが大きい場合は色を足すなどして、柄を変えることもあります。
どちらにしても費用がかかり、買取価格を大きく上回ることもあります。

カビもシミも「ない」に越したことはないけど、あるからと言ってクリーニングやシミヌキすると赤字になることもあります。
いったん査定してもらうのが良いです。

おすすめの記事