ここでは、最近増え始めている一軒家型の子供写真館の特徴をまとめます。
最近、世田谷の若林にできたコノジをフォーカスして説明します。

都会の住宅地の一軒家

スタジオコノジは、閑静な住宅街の世田谷区にあります。
商業が盛んな中心地から少し離れていて落ち着いた雰囲気の中で撮影ができます。

商業施設とは違い、場所は限られてしまうけど、撮影にはこだわっています。

おしゃれな内装

魅力は、スタジオの内装がとてもおしゃれ。
家具、小物、配置にとことんこだわっています。

固定のカメラではないので、あらゆる角度、距離で撮影ができるのが特徴。
カメラならではのボケの描写も可能。

衣装は無料

衣装は持ち込みでもレンタルでも無料。

レンタル衣装はちょっと気取ったおしゃれな服がたくさんあります。
商業施設の子供写真館はのメルヘンなのに対し、あくまでも自然体の写真を重視。

しかもヘアメイクもしてくれます。

撮影と構図

何といってもプロのカメラマンが一眼レフで自然な光で、おしゃれな内装を使い撮影してくれるので、様々な瞬間のカットが撮れます。

もちろん記念撮影にもなるし、子供の表情がとてもきれいにとれます。

あたかも自分の家で撮影しているかのような感じにもなるので、幸せな日常の雰囲気が収まります。

データがもらえる

デジタル時代に適応していて、基本プランにデータの代金が入っています。
厳選した80-100カットほどがもらえます。

データはSNSにも印刷にも使えるのでとても便利です。
年賀状の他、デジタルフォトアルバムにも入れることもできて、活用の幅が広いです。

料金体系

料金体系は基本撮影料+出力代金。
基本撮影料の中にデジタルデータを渡してくれる代金が入っています。

出力は、一般的なフレームではなく、フォトブックのような製品が中心。

プリントは各自で行う必要があります。
格安なネットプリントだとL版6円、4つ切でも1000円以下で入手できます。

デジタルデータがあれば自分たちでどのようにでもできるのが便利です。

ただし店舗が少ないので、繁忙期にお客様が集中します。
そのため、時期や曜日によって基本撮影料が異なるのがポイントです。

平日:¥29,800 (税別)
土日祝:¥37,800 (税別)

さらに七五三時期をずらした早期予約だと割引サービスもあるみたいです。
七五三の時期がとても高いので、うまく時期をずらすのがベスト化も。

一軒家型の写真館の特徴です。

スポンサーリンク